山形6次産業化サポートセンターとは?

山形6次産業化サポートセンターとは?



「6次産業化」とは、
農林漁業者が生産・加工・販売を一体化し、
所得を増大するための取組みや、
製造業(2次産業)や流通小売業等(3次産業)と
連携した地域ビジネスを展開し、
新たな産業を創出することをいいます。

また、こうした取組みを進めることで、
儲かる農林水産業を実現しようとするものです。

平成23年3月に「地域資源を活用した農林漁業者等による
新事業の創出等及び地域の農林水産業の利用促進に関する
法律(六次産業化法)」が施行され、
6次産業化に取り組むための事業計画(総合化事業計画)を策定できます。

これにより、国から事業計画の認定を受けた農林漁業者に対して、
資金面での優遇措置や専門家によるサポートなど
重点的な支援が行われることになりました。
事業計画認定のメリット
◯ 事業実施から事業実施後のフォローアップまで、一貫した支援が
受けられます。
◯ 低利の融資制度が利用できます。
農業改良資金〈無利子資金〉の特例
◯ 新商品の開発や販路拡大の取組みに対しての補助制度があります。
◯ 新商品の加工・販売の設備導入に対して補助制度があります。


この農林漁業者による6次産業化の取組みの支援を目的に、
公益財団法人やまがた農業支援センター内に
「山形6次産業化サポートセンター」を開設しております。

6次産業化の専門家「山形6次産業化プランナー」が、
農業経営や商品開発等の専門性を活かしながら、
総合化事業計画の策定をはじめ、
事業の実施から実施後のフォローアップまで、
農林漁業者の想いや夢を実現するお手伝いいたします。

山形6次産業化サポートセンターでは、
6次産業化に関心のある農林漁業者(個人・法人)からの
ご相談をお待ちしております。まずはお気軽にご相談ください!








▲認定までのフロー
まずは電話、FAX、メール等によりご連絡ください。
サポートセンターがご相談を承り、内容に即した
6次産業化プランナーをご紹介いたします。

担当となったプランナーが専門性を活かし、
案件の掘り起こしや支援制度の紹介等を行い、
事業計画策定や課題解決の支援を実施します。

農政局での事業計画の審査を経て認定となります。
※具体的な申請の手続きについては、
6次産業化サポートセンターへご相談ください。



山形6次産業化サポート
センター/パンフレット
6次産業化法
認定事業者一覧
6次産業化を
進めるためのヒント
総合化事業計画
作成のガイドライン

合計316,212件 (2014.07.22〜) 今日87件 昨日475件 記事215件