記事詳細ページ

和洋酒うめかわ

和洋酒うめかわ:画像

■事業者名
和洋酒うめかわ
店長 三浦政司

 

■助成期間
平成21年11月〜平成22年10月

 

■取組の経緯
 山形県庄内町、商店街の一角にある「和洋酒うめかわ」は戦前から続く老舗酒店。店長の三浦さんが接客する中で気づいたのは、果物のリキュールが女性に大人気だということ。原料の特徴がはっきり出るリキュールは、果物の風味が損なわれず、お酒があまり得意でない女性にも受けがいいそうです。
 現在市場に出回っているラズベリー酒はどれも外国産のもので、庄内山ラズベリーリキュールが完成すれば、業界初の国産ラズベリー酒になります。三浦さんは、このリキュール開発を庄内町の活性化につなげるべく、原料の特性をよく知っている農家「はらぺこファーム」、商品化のプロである地元の蔵元「楯の川酒造株式会社」に相談。業界初の国産ラズベリー100%を使用したリキュールの開発がスタートしました。

 

(店長 三浦政司さん)

 

■課題・ポイント
 開発の中で苦労したのが、いかにラズベリーの風味を残せるか。「ラズベリーは芳醇な香りと鮮やかな赤が特徴で、口にいれるとほんのりと甘い果実です。生で食べるとかすかな酸味があるのですが、加工段階で酸味は消え、甘味だけが残るんです」と三浦さん。話し合いとテイスティングを何度も繰り返し、お客さんの声も聞きながら少しずつ味の改良を行いまし。「試行錯誤を繰り返しながらも楽しんで商品開発を進めました。作り手側の喜びは、お客さんにも必ず伝わると思うので」とその時の新k等を語ってくれました。
完成した国産ラズベリー100%リキュールは「陽だまりのラズベリー」と名付けられ、和洋酒うめかわとインターネットでの限定販売が開始されました。

 

 

 

■成果と今後の課題
 「陽だまりのラズベリー」は、開けた瞬間甘い香りがふわっと広がる少しとろみのあるリキュール。飲み口がよく、やはり女性に人気の商品だそうです。国産ラズベリーを使用した業界初のリキュールとして情報誌にも取り上げられるなど注目を浴びています。また、顔の見える商品にしていきたいという想いから摘み取り体験などができる「まるごとラズベリーツアー」を実施。庄内町の活性化にもつながっているようです。
 今後は県外にも販路を拡大し、商品を通して庄内町に関心をもらえたらと話す三浦さん。イベントにも積極的に参加し、PR活動に力を注いでいきたいとのことです。

 

2014.08.08:[ファンド事例]

合計226,497件 (2014.07.22〜) 今日100件 昨日475件 記事186件