記事詳細ページ

羽黒・のうきょう食品加工有限会社

羽黒・のうきょう食品加工有限会社:画像

■事業者名
羽黒・のうきょう食品加工有限会社
販売課長 平方憲章

 

■助成期間
平成21年11月〜平成24年10月

 

■取組の経緯
 湯田川温泉一帯でとれる筍は湯田川孟宗と呼ばれ、柔らかくえぐみが少ない筍のトップブランドとされています。食材の宝庫である鶴岡市羽黒町にある「羽黒・のうきょう食品加工(有)」では、庄内の特産品をはじめ、新鮮な山野菜を加工・販売しています。特に漬物には定評があり、工場に併設された直売所「漬物の里」はお客さんで賑わっています。人気の高い漬物ですが、若い世代の漬物離れ、食文化の変化を感じた販売課長の平方憲章さんは、漬物の低迷をサポートする商品開発を視野に入れていました。
 市場に出荷できない自家用の孟宗筍を全て回収・売買し、加工・販売することで、地元生産者の所得向上と自給率アップにつながるのではというアイデアを元に、JA庄内たがわと羽黒・のうきょう食品加工(有)が連携。規格外の孟宗を利用した新たな商品開発へと乗り出しました。

 

(販売課長 平方憲章さん)

 

■課題・ポイント
 「チラシを配って自家用孟宗の全量買取・集荷方法の周知を徹底したことや、買取の規定を大きさでの分別のみにしたことも、生産者が安心して供給できるポイントになったのではないでしょうか」と平方さん。集められた孟宗は、羽黒・のうきょう食品加工(有)へと運ばれ、筍の水煮などに加工され販売されています。

 

 

 

■成果と今後の課題
 孟宗は、出来高によってどのくらい加工できるかわからないため、なかなか収穫量は安定しませんが、事業を開始してから年々増え続け、毎年100名を越える生産者から集荷することができているそうです。水煮は「漬物の里」やデパートで販売されているほか、様々な形にカットされ、地元の学校給食などにも使われています。また、庄内地方で採れる孟宗は、安全安心な食材として人気です。また、全量買取のため、出荷した分の収入が確実に入り、生活の安定を実感できたとの声が生産者から上がっているようです。
 今までもこれからも課題は量の確保だと語る平方さん。今後も集荷の呼びかけを徹底し、竹林整備指導なども行いながら孟宗の収集に力を入れていきたいとのこと。また、別の具材と混ぜた商品開発も進め、付加価値をつけていくことも必要になってくるのではと語ってくれました。

2014.08.08:[ファンド事例]

合計284,632件 (2014.07.22〜) 今日435件 昨日553件 記事210件